セラピストってどうですか?


(c) photoAC

 セラピストとは、人生に様々な問題を抱え、精神的に追い詰められてしまった人達に寄り添い、カウンセリングを行うことで、そうした人たちの支えになり、回復を促すことを仕事とする人達です。
 セラピストといっても、いろいろな種類があります。例えば、アロマテラピーを実践するアロマセラピストや、整体を使った施術を行う整体ボディケアセラピストなどです。育児の悩みを抱えた人達のケアをする育児セラピストという人達もいます。
 ところで、セラピストになるためには資格は必要なのでしょうか?実はセラピストに関する国家資格があります。「はり師しん灸師」「あん摩マッサージ指圧師」「柔道整復師」の3つです。「整骨院」「接骨院」などは、これらの資格を持った人でないと運営できません。これらの施設では、健康保険が使えます。逆に言えば、法律的にいって、これら3つのいずれかを取得した人しかできない「整骨院」「接骨院」など以外は、資格がなくても技術さえあれば運営できるということになります。
 ただ、セラピストに関する資格は国家資格以外にも多くの民間資格があり、これらの民間資格を取得した人が、様々な分野のセラピストとして活躍しているというのが実態のようです。民間資格の具体例としては、「整体」「カイロプラクティック」「アロマテラピー」などがあります。

アロマテラピーの民間資格認定団体:公益社団法人日本アロマ環境協会
アロマセラピストの求人:ナチュラルガーデン