幸せのウッドデッキ

 もうどれくらい前だろうか。夕暮れ時に潮の匂いを感じながら、満ちたりた気持ちで歩いていた。隣には、もう気心も知り尽くした彼女が、まるで自分の一部になったかのように歩いている。彼女の方も、隣で歩いている僕が、彼女の一部のように歩いていると感じていることが、自然にわかった。

 海の近くだったこと以外には、具体的にどこだったかは思い出せない。2人は心地よい疲労感に身をゆだねがら、さらに歩いた。

 ふと足元をみると、ウッドデッキだった。木の温もりが、靴底を通って、足の平から体中に伝わってくる感じだった。

 ほのぼのとした心地よい場面には、いつもウッドデッキがあった。ウッドデッキは、幸せの舞台装置なのかも知れない。

 (もしお時間があればですが...)  ウッドデッキ関連のお買いもの >>